上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






エニウェイユウォン(ッヘーイ)エニタイムユニー(ッヘーイ)。
どーも、TRFぃーです。

僕は、毎年何かひとつ新しいことを始めようと思っていて。
社会人になってから、地味に習い事だったり株だったりバレーだったりアフリカ行きだったり、
そのとき楽しそうだと思ったことをおもむろに始めてきた。

4月から新年度、そりゃボツでも俄然はりきってやっちゃいますよ。
最初はボツっぽいトラディショナルダンスがやりたかったんだけど、
教えてくれるところなどないらしく断念。
現地人は誰に教わらなくても子供の時から踊れるんだそうな。

仕方ないので今年は第二候補の「ゴスペル」に決定。
英語で歌歌えるようになったらかっこいいじゃーん。ヘーイ。みたいな。

4/2(水曜日)。
仕事帰り、前にホームステイのお母さんと一緒に来たことがある教会へ。
とりあえずそこに聖歌隊があるのかどうか、いつが練習日なんだか、
まして向こうからしたら中国人の僕が入れるのかどうか、
とりあえず様子見で確認できればいいやーとアポ無しで行ったのに、
あれよあれよという間にその日から練習開始。超ウェルカム。

まー楽譜もないし、歌ってることも分からんから(現地語と英語、両方の歌がある)、
フンフンフーンと後追いで歌っていたら、
どこにでも優しい人っているもので、
同い年ぐらいの青年が歌詞を説明して一緒に歌ってくれた。

まぁ意味不明だったんだけど。

年齢層は20~50、おばちゃんが多い。指揮者兼指導者は30くらいの兄ちゃん。
みんなすげー歌うまいのね。指揮者の兄ちゃん全パート歌えるし。
そしてみんな自由で楽しそう。
自由すぎて一曲歌ったらゴローンと仰向けで寝たり(優しい青年)、
歌ってる途中にも鼻ほじったりちんこ触ったり(優しい青年)。

あとは歌いながら踊ったりもする。
エニウェイユウォンTRFみたいなのとか、
紅茶のおいしい喫茶店柏原芳恵みたいなのとか、
ウーイェイイェイ(スマイルの右)みたいなのとか。

あれからひと月・火曜・木曜・日曜の若者の聖歌隊の練習に参加するようになった。
こっちの年齢層は20代、男女半々、30人弱くらいかなー。
リズム感良すぎて踊りについていけないことも多いけど、今のところだいぶ楽しいです。

つーか考えてみたら人生80年として、
年イチで新しいこと初めたとしてもあと50個くらいしか始められんよ。
うはー、迷ってる時間なんて全然ない。
やらずに後悔するくらいならやって後悔したほうがいいと思う。ほんとの話。



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。