上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






熟考の結果、「ビリヤードができる=遊び人」というところに落ち着いた。

10/6(土)
夜、地方隊員もほとんど集まってきてくれて、ドミの裏庭で送別会と歓迎会。
シニアの人がみんなすこぶる男前で、こんな大人になりたいと思った。

10/7(日)
早朝まで起きて地方に戻っていく隊員を見送る。

夕方ホームステイ先に戻る。
事務所から徒歩5分位のところを2時間迷う。ウープス。
迷ってる間すれ違う人にたびたび大丈夫かと尋ねられる。現地人優しい。

夜ごはん、パンと牛肉。
お父さんと初めて会ったら常時パンツ一丁の人だった。
お母さんが夜ホテルの掃除か何かで働いているらしく、
ご飯はいつも15歳くらいの娘が用意してくれる。
もともとその娘の部屋を僕に使わせてくれているため、
娘は薄いマットを居間に敷いて寝ている。すまん。

家中に無数にいる虫やらゴッキーやらを単なるシミ・汚れだと思おうと試みる。
即座に無理。だってシミは動かないから。

10/8(月)
現地語訓練。
現地語のイエスはエー、ノーはニャー。
これいくら?はケブカイ。毛深い。うむ。

夜ごはん、パンとチキン。

10/9(火)
現地語訓練。
難易度が自分のキャパシティを越えようとしている。

ホームステイ先に帰ったら電気がついていない。
今ここら一帯停電してるのよ、イエー!とのたまう明るい娘。
いつもは現地語の宿題を手伝ってもらっているので、
今回は僕が数学を教えることに。
こっちの学校って授業であれテストであれ電卓使用可能らしい。
1000÷10を電卓なしではできない中3(かな?)。大丈夫か。
ろうそくの灯りの中で小さい文字を読むのは疲れる。
電気のある時でも部屋に電球一個しかない。
アフリカ人は目がいいというのは本当だろうかと疑う。

夜ごはん、現地食。トウモロコシの粉をねった感じのやつと菜っ葉、鳥の足。
手羽先なんて上品なものじゃなく、完全に鳥の足。贅沢にも爪付きだった。

10/10(水)
現地語訓練。
単語教えてもらった10秒後にはするすると忘れていく。

現地語教えるから今日は早く帰ってこいよ、
そういえば朝そんなことをパンツ一丁のお父さんに言われてたんだった。
あのお父さん毎日仕事してないっぽい。おきらくな人だ。





笑っちゃったよ~
ヒーらしい文章だなって
ヒーもお父さんに対抗してパンツ一丁でいいじゃん(笑)

そこの娘さんがかわいいからって、手を出したらだめですよ←じょーだん
【2007/11/10 01:00】 URL | 未紗樹 #-[ 編集]
うぃーす。
なんかねー、自分が英語ベラベラだったらね、
もっとガシッと話かみ合うと思うんだけど、
いかんせん探り探りの英語なので、深く付き合えない。
まーパンツ一丁にはなれるけど。ウププ。
【2007/12/03 01:48】 URL | ひー #M5JS4aUA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。