上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






グーニーズ 特別版グーニーズって覚えてる?
あれって確か、
最後洞窟を抜け出すために、
オルガンかなんかを譜面通りに
弾けないといけなかったんだったよねー。


商品詳細を見る

例えばの話、その最後の試練が「ミシンがけ」だったとしたらどうだろう。

ミシンなんて中学の家庭科以来触ったことないから、
上糸の通し方、ボビンの付け方、下糸の出し方、その他もろもろ何一つ覚えてない。

あ、あかん。俺死んでまう!

そう考えたらいてもたってもいられなくなり、手工芸部を立ち上げ、
婦人子供服隊員を師と仰ぎ、ドミでミシンがけを習う。

やり始めるとなんだかすげー楽しいよコレ。
理由は何も考えずもくもくと作業に没頭できるから。
この歳、しかもアフリカでミシンがけにはまるとは思ってもみなかった。

自作の巾着袋。 僕の処女作、巾着袋。他に買い物エコバッグも作った。


2006/08/02の日野日誌より。
>例えばの話、映画のツイスターみたいな場面を想像してみてくださいよ。
>天変地異が起こったとして、
>数キロ先からものすごいハリケーン(火山のマグマでも可)が迫ってきています。
>僕は愛する人を連れて一刻も早く逃げないといけない。
>こんなときにかぎって車のエンジンがかからない!オーマイガッ!
>辺りを見回すとそこには大型バイクがある。
>二人は安堵の表情で見つめ合う。やった!これで逃げれるね!
>が、すぐに気づくんだ。お互い運転することができない。
>かくして僕は愛する人を助けることもできず、
>ハリケーンに巻き込まれて死んでしまうのであった。

>みたいな話にならないように大型二輪の免許が欲しいとうすぼんやり思った。
>できることが多いと命拾いすることも多いのかもしれないよ。

何か2年前にも同じような妄想してたらしい。

俺成長しとらんやんけ。



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。