上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






一昨年会社がつぶれた後
自分で国民年金に加入し、口座から引き落とす手続きをしないといけなくなった。

月払いか年払いかの選択。
どうせ日本にいないし、どっちでも変わらんわ、と思い年払いに。

ほっといたらあっという間に去年9月に帰国、
その後しばらくして「年金納めすぎてますよ」通知が来た。
ん?なんで?とさっぱり分からんので年金事務所に行って説明を受ける。

僕の場合2009年4月から2010年3月までを先に払ってたんだけど、
海外から住所移動すると一旦契約が違うもの(?)になるとかで
9月分から翌年3月分を一回返金する、その後また納めてほしい、とのこと。

んまーめんどくさい仕組み、とは思いつつニッコリ承諾。我チキン。

んで、その説明を受ける過程でついでに過去の年金記録が出てきたんだけど、
今まできれいさっぱりなかったことにしてきた事実を知る。

10年前仄暗い大学生生活を送っていたころに受けた学生納付特例により、
年金未納の期間がまるっと2年間あることを。
moblog_c3f2b72e.jpg
真ん中の斜線は厚生年金に入ってたやつ(サラリーマンが入るやつ)、
下の「A」が普通に払ったやつ(多分)、「P」が年払いのやつ、
そして上の「サ」が問題の学生納付特例期間。

保険事務所の職員さんいわく、
・この納付猶予が10年間だからもうすぐ切れ、切れたら後で払いたくても払えなくなる。
・基礎年金は今の仕組みでは65歳以上になったら満額で年792,100円もらえる。
・未納が1ヶ月ある度にもらえる額は月1,650円減る(ここら辺記憶がアイマイ)。

年金について何も知らなかった僕はへーへーうーんうーん連発。
あ、これってやっぱ払わんとあかんの?と思ったことは秘密だ。

カタカタ損得計算をするも、自分がどれだけ長生きするなんて分からんし、
そのうち仕組み自体どうなるか分からんしねー、で脳疲労を起こす。

でもさ、若者でサラリーマンやってるとわかんないけどさ、
いざ実際に失業保険とかもらっちゃうと社会保障ってありがたいなぁ、
世の中助け合いやよなーとか思っちゃったりして、
結局、納付猶予受けてる2年のうちの1年分、20万弱を今日払ってきた。
もう1年分はまた来年考える。

みんなも年金払ったほうがいいよ。棒読み。
スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。