上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






僕は自分のお婆ちゃんのことを「ちゃあちゃん」と呼んでいる。
名前が「ちゃあ」なわけではないのに
何故そう呼んでいるのか長年の謎だったわけなのだが、
今調べたら関西では「お母さん」の意味なんですってよ。

ボツに行ってる2年の間に僕のちゃあちゃんは足を骨折し、
それから認知症になり今や口からものも食べれず、話もできず、
歩けず、寝たきりで施設に入ってしまった。

帰国後久々に会ったときは僕を孫と認識しているか否かも怪しい反応。
意思表示もせず、ぼんやり顔を見つめるだけのちゃあちゃん。

それから多いときで週2~3回のペースで会いに行っていたのだけれども、
去年の12月からインフルエンザの予防で家族でもしばらく面会できないことになり、
今年面会できるようになってからも雪でほとんど行けてなかった
(施設は自転車で1時間くらいのところにある)。

それを今週天気が良い日、久々にひとりで会いにいってみた。

そしたらさ、僕の顔見て嬉しそうにしたんですよ!
いつものように「ちゃあちゃん元気かー」って言ったら、
喋りはしないんだけどちょっと微笑んだくらいに!

その後も寝たきりで硬くなった筋肉をほぐすのに
肩をさすってたら「もういい」との発言。

「んじゃ帰るねーバイバイー」って言ったら「ありがと」と返事。

僕が孫であることを理解しているかは未だよくわからんけども、
なんか久々のコミュニケーション成立に嬉しくなったのでした。

以上、なるほど運気上昇中の今週あったいいこと。


おばあちゃんの唄:トイレの神様~植村花菜(歌詞付き).。.☆

スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。