上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






そんなこんなで約3年、この日誌も今回でおしまい。

本当に楽しい3年でした。

帰国して、誰かにボツの話をするたびに、
自分に対して、世界に対して、ボツに対して、アレに対して、
前はうまく言えなかった考えがずいぶんとまとまってきました。

やってる最中は分からなかったけど、
自分はこうやってきたな、そうだったな、
こんなことができるようになったなとか。

かなりプラスに補正されてるけどね。


歳を重ねても「本当に良い3年だった」という思いは変わらないはず。

この3年で出会えた人、出会えなかった人、
家族、友達、好きな人、嫌いな人、
ボツ行きを応援してくれた人、反対してくれた人、
そこにいる人、いない人、そこにあるもの、ないもの、
目に見えるもの、見えないもの、
聞こえる音、聞こえない音、
想像できるもの、できないもの、よく分からんもの、
はてはご先祖様から地球、自然、生きとし生けるすべてのもの。
それら全てはどこかで繋がっていて、僕を生かしてくれている。

感謝、感謝でこれからも生きていきたいと思いまっす。

長い間お付き合い頂きありがとうございました。

へばねー。


スポンサーサイト





モットーは「一寸先は闇」。
どうも、ヒノりんです。

このたびめでたく地元で再就職先決まりました。
えぇ、えぇ、ありがとうございますー。

予想以上に親が喜ぶのを見るにつけ、
30歳無職ヒキコモリ趣味洋裁の今後の人生がいかに心配されていたかを知る。
そりゃそうだ。僕だって心配だったさ。

あの日あの時、ハローワークにて、
応募必要書類が卒業証明書と簿記の合格証明書のコピー(実家にはない)、
しかも締め切り3日後、という事実を知り一時呆然としたものの、
イチルの望みをかけて頼れる人を頼り、必要書類をそろえ、
願書を当日取りに行って、その日のうちに図書館で書いて、
締め切り時間3分前に持参提出。

1週間後には一般常識ペーパーテスト。
10年ぶりくらいの手書きのテスト。
英語はまだしも、日本の省庁がどうとか化学式がどうこうとかさっっぱり。
国語で湯桶読みと重箱読み、それ以外を選べみたいな問題が出たけど、
それが何なのかすら分からなかった。
むしろその読み方の名前初めて聞いたっていうか
湯桶読みがすでに何て読むのか怪しかったっていうかー。

あー死んだ、と思っていたら全員できてなかったのか一次通過、
1週間後には二次で面接。対おっさん3人。

応募書類に海外行ってたとかもろもろ超活発な人かのように書いたら
「デスクワークが主なうちの仕事は向いてないと思うよ、
 またすぐ辞めちゃうんじゃないの?」と言われ完全ウ☆ラ☆メ。
志望動機を熱く語るも方向性が合わないのか首をかしげられる始末。

あーやっぱり死んだ、と思っていたら昨日の内定通知だ。

本当、あきらめないでよかった。
僕の再就職活動は苦節半年、12戦目でようやく1勝、これにて終了。

紆余曲折あったけど、すべては今につながっていて、
これからもうまいこと流れるようになってる気がするよ。

大変なときもあるけども、がんばっていきましょうやー。





笑うと体の免疫力があがって、癌にもなりにくくなるという話をご存知か。
それって作り笑いでもいいんだってよ。
やはり眉間のシワより目尻のシワの方がいいのであーる。


これぞ草の根国際協力か、という動画。
この人の男前っぷりったらもう!
YouTube - 情熱大陸 山口絵理子 1/3。続きの2/33/3


テーマは隊員と同じ。
否、自分と同じくくりにするには恐れ多い?

上の動画が2年位前。
途上国っぽいトラブルを乗り越え、今は順調に店舗数が増えてる模様→マザーハウス
今度東京行くことがあったら覗いてこよう。





ニュージーランドに旅立つボツの先輩隊員を見送った。
帰国後一年ちょい、紆余曲折ありつつも次は向こうで仕事するらしい。

みんなそれぞれ前に進んでるなぁ。

僕はこの半年進んでますかいね?

ただ上向いたり下向いたり横向いたり、
進もうとしてもなかなか進めないでいる。

はぁ~仕事したい。






日帰り神戸遠征中。






一昨年会社がつぶれた後
自分で国民年金に加入し、口座から引き落とす手続きをしないといけなくなった。

月払いか年払いかの選択。
どうせ日本にいないし、どっちでも変わらんわ、と思い年払いに。

ほっといたらあっという間に去年9月に帰国、
その後しばらくして「年金納めすぎてますよ」通知が来た。
ん?なんで?とさっぱり分からんので年金事務所に行って説明を受ける。

僕の場合2009年4月から2010年3月までを先に払ってたんだけど、
海外から住所移動すると一旦契約が違うもの(?)になるとかで
9月分から翌年3月分を一回返金する、その後また納めてほしい、とのこと。

んまーめんどくさい仕組み、とは思いつつニッコリ承諾。我チキン。

んで、その説明を受ける過程でついでに過去の年金記録が出てきたんだけど、
今まできれいさっぱりなかったことにしてきた事実を知る。

10年前仄暗い大学生生活を送っていたころに受けた学生納付特例により、
年金未納の期間がまるっと2年間あることを。
moblog_c3f2b72e.jpg
真ん中の斜線は厚生年金に入ってたやつ(サラリーマンが入るやつ)、
下の「A」が普通に払ったやつ(多分)、「P」が年払いのやつ、
そして上の「サ」が問題の学生納付特例期間。

保険事務所の職員さんいわく、
・この納付猶予が10年間だからもうすぐ切れ、切れたら後で払いたくても払えなくなる。
・基礎年金は今の仕組みでは65歳以上になったら満額で年792,100円もらえる。
・未納が1ヶ月ある度にもらえる額は月1,650円減る(ここら辺記憶がアイマイ)。

年金について何も知らなかった僕はへーへーうーんうーん連発。
あ、これってやっぱ払わんとあかんの?と思ったことは秘密だ。

カタカタ損得計算をするも、自分がどれだけ長生きするなんて分からんし、
そのうち仕組み自体どうなるか分からんしねー、で脳疲労を起こす。

でもさ、若者でサラリーマンやってるとわかんないけどさ、
いざ実際に失業保険とかもらっちゃうと社会保障ってありがたいなぁ、
世の中助け合いやよなーとか思っちゃったりして、
結局、納付猶予受けてる2年のうちの1年分、20万弱を今日払ってきた。
もう1年分はまた来年考える。

みんなも年金払ったほうがいいよ。棒読み。





僕は自分のお婆ちゃんのことを「ちゃあちゃん」と呼んでいる。
名前が「ちゃあ」なわけではないのに
何故そう呼んでいるのか長年の謎だったわけなのだが、
今調べたら関西では「お母さん」の意味なんですってよ。

ボツに行ってる2年の間に僕のちゃあちゃんは足を骨折し、
それから認知症になり今や口からものも食べれず、話もできず、
歩けず、寝たきりで施設に入ってしまった。

帰国後久々に会ったときは僕を孫と認識しているか否かも怪しい反応。
意思表示もせず、ぼんやり顔を見つめるだけのちゃあちゃん。

それから多いときで週2~3回のペースで会いに行っていたのだけれども、
去年の12月からインフルエンザの予防で家族でもしばらく面会できないことになり、
今年面会できるようになってからも雪でほとんど行けてなかった
(施設は自転車で1時間くらいのところにある)。

それを今週天気が良い日、久々にひとりで会いにいってみた。

そしたらさ、僕の顔見て嬉しそうにしたんですよ!
いつものように「ちゃあちゃん元気かー」って言ったら、
喋りはしないんだけどちょっと微笑んだくらいに!

その後も寝たきりで硬くなった筋肉をほぐすのに
肩をさすってたら「もういい」との発言。

「んじゃ帰るねーバイバイー」って言ったら「ありがと」と返事。

僕が孫であることを理解しているかは未だよくわからんけども、
なんか久々のコミュニケーション成立に嬉しくなったのでした。

以上、なるほど運気上昇中の今週あったいいこと。


おばあちゃんの唄:トイレの神様~植村花菜(歌詞付き).。.☆






ゲッダーン!
今聞くとビックリ全く中身の無い歌なのだけれども、
2分34秒から40秒にかけて無駄にテンションあがって困る。
ファーファファファファーン、ファーファファファファーン、
ファーファファファファファファファファファファファーン。


もう3月ですね。弥生です。

ヒノ母いわく、
ヒノ母と僕は同じ星まわり(?)で、毎年1月2月は運勢が悪いとのこと。
「3月になったらちょっと運気があがってくるで今は辛抱や」と先月はよく言われた。
死んだ伯母さんも「辛抱する木に花が咲く」ってよく言ってたんだって。

こりゃこれからいいことあるに違いないね。

リクルーターも10連敗中だけど、また次がんばろうっと。


気になるニュース。
ヌードで家事代行
まさかのニッチ市場。
いやーこれをエロ目的以外で頼む人がいるのなら、
よっぽど人が信用できない金持ちなんだと思うよ。

アフリカが発展しない理由
おおむね同意。
「次の100年間の国家運営を、先進民主国に委託する」案、
人道的に良いか悪いかは別として、本当にそれくらいしないと変わらんと思うね。
本人たちが先進国のように発展したいと望んだ場合の話ね。
ま、委託された先進民主国がちゃんとやるかも怪しいかもね。
表ではいい顔してても、裏では限りある富を奪い合う結果になりうるやも。

上の記事を「今まででもっともひどい記事だ」という人の案がこれ。
アジアにあってアフリカにないもの
>アフリカ諸国に最も必要なのは、「勝利の味」なのではないか。
戦争ではない別のなにかで「勝利の味」を知り、自信を取り戻してもらう案?
残念ながら調子に乗るだけだと思いまーす。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。