上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






12587062348.jpg   1258706235f.jpg
盆と正月に実家帰っても、
数日間のうちに一回会うか会わないか、
否、見かけるか見かけないか、くらいの人。
昔からあまり家にいる人ではなく、いたところでお喋りではないので、
まったくもって謎、闇のベールに包まれた不可解な人。

帰国して実家帰って最初に笑ったことが、
そのヒノ父が家で亀を飼っていたことだった。

そして彼は近年農業に目覚め、ひとりで野菜やらつくってる。

畑の横の自前の池には鯉まで。

そういえば僕が小さいとき、
実家には池があって鯉を育てていたのを思い出した。
今は潰して車庫になっちゃってるけど。

今日は午前中から起こされ、その池の雪囲い設置の手伝い。

あーそう、この人はこういうのが好きだったのね。ふーん。
昔はこういう父親にはなるまいと思っていたが、
最近ではそんなに悪い人ではないと思い直している。

僕がフラフラニートやれているのも、
この人がいてくれているからなんだよな。

長生きしてくだされよ。
スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。