上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






他の隊員の誘いで、孤児院に見学に行く。
SOS village

約240人の孤児が生活していて、家が10棟ある。
驚くことに、性別や年齢で住む家が分けられているわけではない。
男も女も、チビっ子からハタチくらいの若者まで、ごちゃまぜ。
そして家一軒一軒、孤児ひとりひとりにスポンサーがついていて、
その影響が暮らしぶりにもあらわれている。
こっちの家にはテレビがあって新しい、こっちの家にはない、とかそんな感じ。

こんなところまで格差社会が・・・。

日本だったら平等を求めるから、
みんなで同じご飯食べてー、同じ学校行ってー、
寝るときは男女別(せめて年頃の女子だけでも)ねー、とかなりそうだけど、
だいぶ考え方違うんだろうなー、と思ったのでした。

でも子供はどこでもかわいいやね。
みんな元気に大人になって、楽しい人生が送れますように。
スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。