上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






最近すげー大仏顔のボツ人を見掛けたので、心の中で拝んでおいた。

今日道をふらふら歩いていたら、
おっさんが若者2人の胸倉を掴んで、激昂している、という場面に出くわした。

僕の見た感じ、若者がおっさんの財布か何かをすろうとして失敗。
おっさんはそれに気づき若者を捕まえたんじゃないかと。

その後1人の若者は逃げてしまい、
おっさんは残った方の若者を殴りだした。

しまいには石で頭を。

若者血まみれ。

いつの間にか見物人で二人が囲まれ、
警察が来るまで一方的リンチみたいな行動は続いていた。

なんかやっぱり、なんだかなーと思う。

ボツの好きじゃないところ。
スポンサーサイト





隊員総会の日。

カウンセリングも受けられるエイズ検査に行ってきた。

この日は9時からの隊員総会に間に合うように朝イチ、
7時過ぎに受付が開いてないうちから一番乗りし、
やる気まんまんで臨んだわけのわからないジャパニーズですどうも。

検査前のカウンセリングでそっち系のことをいろいろ聞かれる。

別室に移り人差指に針をプチッと刺して血をピュッと取る。
15分くらい待ってその検査結果判明。

また部屋に戻って検査後のカウンセリングを受ける、という流れ。

僕がこの国に来るころに貰ったデータで、
この国のHIV/AIDS感染率37%オーバー。
いつも乗るコンビって20人は乗るから、
単純にそのうち6~7人はHIV陽性者である、という計算。

2002年からARV(エイズの発症を抑える薬?)の無料配布を世界で初めて開始、
国家レベルで対策に乗り出しているものの、
それまでにバッタバッタと人が亡くなったのか、平均寿命も36歳。

一緒に行ったエイズ対策隊員によれば、
ここまでエイズが広がってしまった主な原因は、
男女ともに複数のパートナーを作ってしまうこと。
政府もそれが一つの要因であると公式に発表しているらしい。

僕の知る若者は7股をかけていたと言うし、
そこまで多くなくても男は3~4股が普通、なのだそうで。
早い話、浮気しまくり、性に緩すぎ、という話。

自分はひとりとしかつきあってなくても、相手もそうだとは限らず、
どんどんどんどんHIV陽性者が増えていってる。
元カレの浮気相手の元カレの元カノの浮気相手の浮気相手が
実は陽性者でしたズコー、みたいな。

日本人の考え方と、3~4股が普通だという感じ方の間には、
道徳観・倫理観というか、文化の違いの深い溝がどどーんとあって、
そこはもうどうしようもない。んむー。

だから、エイズ感染率を下げるには、
コンドームつけろー、検査行けー、を連呼するしかないわけで。
でもそこはアフリカの人が相手だから、まぁ、ねぇ?
エイズ対策って難しいねぇ。


反対にさー、もしも将来、
エイズ予防薬、はたまた劇的な治療薬ができて、
エイズが不治の病ではなくなったとしたらどうなるか?
間違いなく人口は増えるでしょー、
そしたら食物自給率低いから食糧不足になるでしょー、
今よりももっと失業者増えるでしょー、
国の財政悪くなるでしょー、
そのうちダイヤ取れなくなっちゃったりしたら、
そしたらまた新しい問題が出てくるねーどうすればいいんかねー。

そんなことを考えてたら検査結果が出た。

検査キットが入ったトレーの蓋を自ら開ける。
陽性だったら赤線1本、陰性だったら2本とかそんな感じ。

思いのほか緊張したのはドラマの見すぎか。

検査を受けたらブルーバンド(ホワイトバンドみたいなの)がもらえる。
ブルーバンド。
現地語で「私は自分の検査結果を知っています」って書いてある。
陰性でしたよ、の印ではないけど、
検査受けましたよ(気を使ってますよ)アピールで新たなナンパができるため、
これをつけてる若者男子は多い。

2008/12/01世界エイズデーのイベントで会ったエイズ対策NGOの若者と。
エイズデー。






定期健康診断。

前回と同じちゃんとした体重計に、同じ服装で臨んだところ、
なんとマイナス4kg。

帰国準備は順調です。

午後からこの国来てから初のエイズ検査に行ったんだけど、
人が多すぎて無理で、翌日行くことに。





新隊員が来ボツ。

みんなでご飯を食べに行くため、
普段とは違うコンビ(ミニバス)でドミ(隊員連絡所)へ向かっていたところ、
警察のパスポートチェック検問にひっかかる。
ドライバーから乗客から全員。

僕はいつものごとくパスポートのコピーを出したら、
ジロジロと顔を確認され、オリジナルの提示を求められる。

盗まれたら困るから、普段コピーしか持ち歩いてない。
ジカもあんま持ち歩かない方がいいって言うし、いつもコピーで検問通ってたし。

今回はダメで、結局コンビから降ろされる。

誰かにオリジナルを持ってきてもらえと言われるも、
一人暮らしだもん、誰も持ってくれる人いないよー。

うげー。警察に連れていかれるんけ?と思って聞けば、

このあと警察の車でお前の家に行ってオリジナルを見せてもらう。
でもその車はいつ来るか分からん、と。

んじゃさー、取りに帰らせてよ、絶対帰ってくるからと交渉したら、
やっぱりダメで、その場でいつ来るかもわからない車を待つことに。

ごめん今日のご飯行けないかもー、と詳しいことは語らずに他の隊員にメール。

そしたらその後その隊員がコンビで通りかかり、
「何してんすかー?」と。

そいつもやっぱりパスポートチェック。

でもなんと!その隊員はコピーですんなり通りやがった!

そこはもうほら、普段温厚な僕も笑いながら怒りましたよ!

ちょっとおっさーん(警官)!(ダチョウばり)

なんであいつが良くて俺がダメなのよ!
同じコピーじゃーん。えー?言ってみろ(バカヤローコノヤロー)。

最初はなんだか言い返そうとしていた警官もめんどくさくなったらしく、
「You can go(行って良し)」と。

ようやく解放され、プリプリ歩き出しながら考える。

ん?僕がダメで他の隊員が良かったということは、
パスポートの顔と今の顔が同じとは分からないほどに変わっていたということか?

ズコー。

デブって言うな。





休み明け久々に組合まわり。

組合スタッフの一人に
ちょっと頭おかしいんじゃないかなっていう大好きな人がいるんだけど、
その人がすっごい良い休みだったわーって言ってたから、
何?何かしたの?って聞いたら、
答えは「何もしなかったから」だった。

そんなもんなのか。

フォファオーネ。 この人たまにホッチキスの針とかガム代りに食ってる。





12/31。
ボツ西部の村へ(初)。

予想以上に何にもないー。
泊まったロッジで飼われてるライオンを見ても、あまりときめかないことに気づく。
あーどうせ飼われてるんでしょ?みたいな。勝手に。
ハンツィのライオン。 ガオー。

ロッジで年越しパーティーとかやるのかと思いきや一切無し。
部屋で先輩隊員とテレビを見ながら夜を過ごす。

年越しイベントの中継をしていて、
ローカルミュージシャンが次々にステージに上がっている。

どれも同じに見えて、退屈気味。

そのうち眠ってしまったらしく、
「おい、年明けたぞ。俺は寝る。」の言葉で起こされる。

ちょっとー、カウントダウン起こしてくれればよかったじゃないすかー。

なんて言ったら、カウントダウンが3秒しかなくてあっという間だったとのこと。

ささ、3秒て。

観客誰もついてこれずに、グダグダで終わってそう。

1/1。
早朝ゲームドライブ。
車に乗った頃から心臓が痛くて、あー旅の疲れがマックスに。

実は単なるロッジ受付の兄ちゃんだというこがバレバレのドライバー、
酒臭くていかにも夜通し飲んでましたというジャージ姿のガイドとともに出発。

まーなんつーの、これといった大物がいないっつーか、
全体的にものすごく残念な感じのゲームドライブで、
しまいには先輩隊員と2人でゲラゲラ笑ってしまった。

あんまりおかしくて心臓痛いのが治る。

夕方もう1回ゲームに出て、もう1泊する予定だったんだけど、
あまりにしょぼいという意見が一致、予定変更、その日のうちに任地に帰ってきた。

写真ってゲーム1回につき数十枚はいつも撮るんだけど、今回7枚。

な、7枚!

ハンツィの白ライオン。 そのうちの1枚。飼われてる白ライオン。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。