上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ウィアーザワーウィアーザワー!
ウィアーザチルドレンウィアーザチルドレン!
ウィアーザワンスフメイカブラターデイ、
ソレッツスタートギービーン
ソレッツスタートギービーンッ!!!


この前ミシンがけをしながら、
ひとりウィアーザワールド、
ブルーススプリングスティーン編(4分55秒あたりから)で遊んでいたら、
今年25歳の隊員から、冷めた目をして「何すかその歌?」って言われた。

ええっ?今どきの若者はウィアーザワールド知らんのけ?
中学ん時とか自習の時間にPV見せてもらったりしたよー?

さらにシンディローパー編(2分55秒あたりから)を聞かせるも、
彼は「やっぱり知らない」と。

たった4年のはずなのに(僕は今年ニッキューです)、
なんかすげージェネレーションギャップ。
結構みんな知ってるよね?

僕が初めて買った洋楽CDはシンディローパーでっす。
スポンサーサイト





最近気になったニュースとサイト。
「アフリカ版ノーベル賞」、ボツ前大統領が受賞
今年の3月で辞めた血色悪そうな前大統領。
今後10年間にわたって500万ドル(約5億1000万円)はちょっとあげすぎ。

日本全国ローカルヒーロー大図鑑 大人の夏2008
僕はアフリカの前は9年青森に住んでいたので、俄然注目はサワレンジャー
「なんでもやる」と言い切ってるあたりが好感触。
きっと役場の若い職員がやってるんだろうなーとか思ったら、
この写真見るとビードルレッドは課長クラスじゃない?ぶはー。
そして日本の祭り攻撃って若干アレだよね。
役場で必殺技を決める会議とかやったのかね。上もよく稟議通した。グッジョブ。

TOSHIHIKO TAHARA OFFICIAL WEB SITE
だいぶツボ。俊ちゃん好きだわー。才能ある。
イッヒリーベディッヒ。ナイスギャグ。

パンダが毛を刈られて、あられもない姿に…
えっ?えええっ?ギ、ギャーーーーー!
これは閲覧注意。見たらあかんもん見た気がする。

世界の中心で「発祥」を叫ぶ! 愛知『桃太郎神社』の本気な主張
7枚目の写真の犬!

綾鷹KAMONジェネレーター1、及びその2
家紋1 家紋2
本。
アフリカの蹄
黒人とか白人とかカラードとか、
そういうのどうでもいいからみんな仲良くしようとすればいいのに。

光源
凝りもせず桐野作品を。
この人の小説に出てくる大人って子供みたいなバカばっかり。

忘れてしまった過去100年の世界史
僕は高校の時、一夜漬けの暗記だけで点数が稼げた世界史が得意だった。
でもここ100年の歴史なんて、3年生の最後の方に飛ばし気味で習うだけだけで、
テストとかにもあんま出た記憶がない。
だから、「あーこの人名前は知ってるけど・・・」っていう人が
実はこんなことをしていた、へーほー、という驚きがたくさん。
真実は小説よりも奇なり。
まーここ100年なんて戦争ばっか。
今の先進国と呼ばれる国々の鬼畜っぷりが伺える。
同じ間違いをしないよう、過去から学ぶ事は大切だわねー。





今年の3月に帰国したのに、
6月には社会人として再びボツに戻ってきた先輩隊員がいる。

その人、毎週毎週日本の事務所から人が来て、毎日毎日接待接待、
週末はゴルフにも付き合わされるそうな(考えただけで面倒くさそう)。

んで結構ゴルフの練習に行っていると言うので、この前僕も連れてってもらった。
 ヒノゴルフ1 クラブはドミにくさるほどある(昔の隊員が置いていったやつ)。

家から見えるゴルフ場は、
料金9ホールで1300円弱、キャディさんにチップ700円くらい。
その日は白人のコンペがあったらしく、見かけたのは100%白人、
先輩隊員が良く見かけるという韓国人グループのみ。
キャディさんはボツ人の若い兄ちゃん。

ボツ人もたまにやってるって聞くけど、むむむー。
んむー。何か違う。何か嫌だなーと思いつつ、
来てしまったものは仕方がないと、キャディさんをお願いして9ホール回る。

先に断っておくが、僕にはゴルフの才能がある。
理由は昔「プロゴルファー猿」と「プロゴルファー祈子」が好きだったから。

今まで才能隠しちゃっててすいません。
よっしゃやったるわーと思い第1ホールの第1打に臨む。

イメトレの中ではドライバーでズバッと打ったらビシュッと飛んで、
旗にズバッとあたってスルスルー、カランカラーン、うぉぉぉぉー、なんだけど、
実際はボールにかすりもせず空振り、ズコー!5連続、みたいな。

そういえばほとんど初めてなんだったわ。
ヒノゴルフ2 超かっこ悪い打ち方してたみたい。

アレだね。ゴルフって適当な人には向かないんだね。
最初は教えてもらったフォームに気をつけて打ってたのに、
打数が増えてくるとどうでもよくなって、
今何打目かも数えなくなるほど適当になっていった。
ビリヤードしかり、フォームとかが大事で、
集中力を持続させないといけないスポーツは苦手。

猿と祈子への道は遠い。

プロゴルファー祈子のWikipedia見てちょっと笑った。
主人公:神島祈子の項目。
>ゴルフドラマにもかかわらず数話に一度は山中で遭難する。





手工芸部最終試験(先生である婦人子供服隊員がもうすぐ帰国するから)、
僕からの強い希望によりシャツ作り。

生地屋で好きな生地を選び、
型紙から自分サイズにおこし、裁断し、ミシンがけ、ボタンホールとかも。

すげーかっこいいチンピラシャツみたいにできるんじゃないかと思って買った生地が
他隊員に「大阪のババアみたい」とあっさり言われたことにもめげず、
せっせとドミに通い、もくもくとミシンがけ。
何日かに渡って計10時間ぐらいくらいかかり、本日ついに完成。

大阪のババアシャツ1 大阪のババアシャツ2 大阪のババアシャツ3 言うほど変じゃないよね。

うぉっしゃー。これで洞窟脱出の試練とかきても余裕のよっちゃんだわ。うはー。

とかって調子に乗って最初に死んじゃうタイプ、俺。

関連:プーマとグーニーズコラボのスニーカーがちょっと欲しい。

物欲と言えばあれだ。2~3ヶ月くらい前の話になりますが。
僕は体型が隠しきれないことを第一の理由に、めったにジーパンというものを履かない。
その僕がー、7~8年ぶりにー、運命の出会いをしてー、ジーパン買っちゃったー。
 日野ジーンズ。 ケツに「ひ」の刺繍がほどこしてある。
オシャレ雑誌とかも一切読まないからブランドとかわかんないんだけど、
結構高かったから、この「ひ」マークが超人気と見た。イヤッホーイ!





グーニーズ 特別版グーニーズって覚えてる?
あれって確か、
最後洞窟を抜け出すために、
オルガンかなんかを譜面通りに
弾けないといけなかったんだったよねー。


商品詳細を見る

例えばの話、その最後の試練が「ミシンがけ」だったとしたらどうだろう。

ミシンなんて中学の家庭科以来触ったことないから、
上糸の通し方、ボビンの付け方、下糸の出し方、その他もろもろ何一つ覚えてない。

あ、あかん。俺死んでまう!

そう考えたらいてもたってもいられなくなり、手工芸部を立ち上げ、
婦人子供服隊員を師と仰ぎ、ドミでミシンがけを習う。

やり始めるとなんだかすげー楽しいよコレ。
理由は何も考えずもくもくと作業に没頭できるから。
この歳、しかもアフリカでミシンがけにはまるとは思ってもみなかった。

自作の巾着袋。 僕の処女作、巾着袋。他に買い物エコバッグも作った。


2006/08/02の日野日誌より。
>例えばの話、映画のツイスターみたいな場面を想像してみてくださいよ。
>天変地異が起こったとして、
>数キロ先からものすごいハリケーン(火山のマグマでも可)が迫ってきています。
>僕は愛する人を連れて一刻も早く逃げないといけない。
>こんなときにかぎって車のエンジンがかからない!オーマイガッ!
>辺りを見回すとそこには大型バイクがある。
>二人は安堵の表情で見つめ合う。やった!これで逃げれるね!
>が、すぐに気づくんだ。お互い運転することができない。
>かくして僕は愛する人を助けることもできず、
>ハリケーンに巻き込まれて死んでしまうのであった。

>みたいな話にならないように大型二輪の免許が欲しいとうすぼんやり思った。
>できることが多いと命拾いすることも多いのかもしれないよ。

何か2年前にも同じような妄想してたらしい。

俺成長しとらんやんけ。





純ザンビア人2人、ザンビア/モーリシャスのハーフ、
ザンビア/マラウイのハーフの人たち(全員男)と
プールバー(ビリヤード台がある酒場)へビリヤードをしに行く。

みんなお金持ちなのか、ボツ人にはないしなやかさを持った人たち。
ザンビア/マラウイのハーフがボツで働いてる理由は「お金稼ぐの簡単だから」。
彼の仕事は土木工学の技術士。31歳。
来年アメリカだかどっかに博士号を取りに行くとのこと。

純ザンビア人の2人はカウンセラードクターらしい。

みんな超うまいのに、一打終わるごとに大はしゃぎ、ゲッラゲラ笑い、踊る。
飲んでるのはコーラのくせに、まるで酔っ払ってるかのようなクレイジーさ。
ザンビア/モーリシャスのハーフとビリヤード。

でも帰る時にはぱっと真面目な顔、ジェントルメンになってあっさり帰って行った。
俺だったらダラダラ朝までやっちゃいそうだなー、
できる人たちはこういうとこが違うんだよなーと思ったのでした。

考察メモ。
噂には聞いていたがボツ人よかマラウイ人の方が男前(見た目)。





ジカから届いた臨時の健康管理ニュースより。

 ザンビア在住(農場経営していた)の南ア人女性が、風邪症状から始まって重症になったため、緊急移送会社のAir AmbulanceでヨハネスのMorningside Mediclinic病院に移送された。患者は出血性の症状を呈し死亡した。その後患者を移送した移送会社のクルーも体調を崩して入院していたが、同じように出血性症状で死亡した。続いて患者の看護に当たっていたNurseと病室の清掃係の2名も死亡した。
 症状と状況からCongo Fever、Ebola、Marburgが疑われているが、今現在までの臨床検査では、原因が特定されていない。患者と濃厚接触のあった人役100人も調査中。(10月8日時点)
 10月10日の新聞では、Ebola、Marburgではないと証明された。現在患者2名の血液はアメリカのCDC(Centre for Disease Control)と、日本の人畜感染病センター(Centre for Zoonotic Diseases)に送られて調査中である。

ザンビアはボツの北隣の国、ヨハネスはボツの南隣・南アの都市。

リアルタイムに今読んでる小説がアフリカの蹄
白人右派によって南アに天然痘ウィルスがばらまかれるという話。

新種のよくわかんない病気で死ぬのって恐い。

と思っていたら、人畜感染病センターとやらの人が頑張ったのか本日続報が届く。

 10月13日付け新聞によれば、最近騒がれたミステリアス疾患は、げっ歯類から感染したアレナウイルスと判明した、と報道されました。

 人間への感染原因は、げっ歯類(鼠)の排泄物(屎尿や糞便)、だ液である。感染した鼠等の屎尿に人間の傷や皮膚が直接接触感染するか、屎尿等に汚染された物に接触感染するか、又はそれに汚染した食物を摂取することから感染する。
 アレナウイルス属の中で、ラッサ熱やボリビア出血熱等は人から人への二次感染(特に病院で始まる)を起す。人が感染して発症すると他の人に感染する。その感染経路はさまざまである。血液感染や廃液物(感染者の尿や便、だ液等)等から直接感染する場合もあれば、空気伝播感染もある。


・・・ん?・・・ネ、ネズミー!!

まずい、非常にまずいぞ。
うちネズミーランドなんですけど。
暑くなってきてもうそろそろ部屋の中に出てくるかもしれないと思っていたところ。

鳥インフルが恐いから鳩のふんもあんま触らん方がいいらしいし。
うちのベランダ鳩のふんだらけ。

くーるー、きっとくるーきっとくるー。

みんな気をつけて!





命を大切にしない奴なんか大嫌いだ!
どうも、ヒノテルーです。

んとね、自分の足がマンモス(すげー)臭い。

んとね、髪型がブルースリーをもっさくした感じになってきた。

んとね、コンビの客引きの兄ちゃんに「チャイナ!」と呼ばれ、
機嫌がよかったので「チャイナじゃないよ日本人だよ」って言い返したらば、
ジローっと全身を見られ、納得した様子で
「頭が小さいのがチャイナで大きいのがジャパンだな」と言われた。

んとね、さっき近所のガキにすれ違いざま「Your hair is big」って言われた。
意味は「あんたの頭でっかいね」。直球すぎるわ。

んとね、来年のボツ隊員カレンダー用の写真を撮ったら、
なんかちょっと遠近感覚おかしくないか?ご、合成?みたいな写真になった。
2009年カレンダー用写真を撮る。 この腹話術師みたいな日本人だれ?

たーかはきっと、かーなーしーかろー。





スプリンッ!サーマッ!オウタムアンウィンターアンユー(オッオッ)!
どうも、ヒがしでーす。

いつも行ってる組合のマネージャーのおばちゃんが、
春夏秋冬の順番を春冬秋夏くらいに間違えててビックリした。
なにその新説。

日本人で間違える人がそうそういないと思うのは、
日本の四季がはっきりしていて、自然信仰が強いからなのかね。

本。
手紙
この前見た映画版よか、全然シビアでグイグイっと嫌なとこついてくる。
なにか、この話がいいたいこと、少し勘違いしてたかも。

リアルワールド
自分はこれに出てくる高校生とほとんど同じ。
必死に自分を武装して、ごまかして、取り繕って、諦めて、気付かない振りして、
妥協して、逃げて、蓋して、隠して、「取り返しのつかないこと」もしてきた気がする。
「あ、まずいもん読んでもた。誰にも読まれたくない(自分がバレるから)。」が正直な感想。
そういうこと思っちゃうあたりいつまでたってもキーシュンシー(思春期)。

ダーク
懲りずに同じ桐野作品を。
まー共感できない分リアルに感じられなくてさらっと読める小説。
リアルに感じちゃったら重いと思うけど。





配属先では毎週火曜、朝の始業開始後15~30分くらいお祈りの時間がある。
エントランス(玄関広場みたいなとこ)にみんなで集まって、
その日の担当がそれぞれ用意したテーマで話をした後、
また別のお祈り担当の人がゴニョゴニョっとお祈り、
最後にみんなでアーメンなんつって終了するんだけど、
9月はお祈りの月らしく、それが毎日行われた。
テーマはHIV/AIDS。

僕はまだチャリンカーだったので、
毎日汗だくで参加、何言ってるか話もよく分からんけど(現地語だから)
よくもまあ1ヶ月も同じテーマで話が続くなーとぼんやりしていた。

そんなぼんやりさんに突然「明日のお祈りはお前の番だ」というお達しがくだる。

え?無理無理。やったことないし。

僕が知ってる念仏なんて「なーむあーみだーぶつー」。2秒で終わる。

日本人はあんま信仰深くない、僕には無理だとごねた結果、
お前の番だと言ってきた人が作った文章を読み上げる、という妥協案で決着。
Let us pray. 以下全文

Let us pray.

Heavenly father we thank you for this beautiful morning,
for you have protected us during the night
and helped us to arrive safely at our work place.
We pray for the sick and for those who have lost their loved ones.
Have mercy upon them dear father for you are a good shepherd.
We ask all these in Jesus name Amen.

なんかさー、宗教に関心がないっていうのは、
関心ある人からしたらきっと信じられないことで、
実はとっても恥ずかしいことなのかもしれないよね。

神(仏その他しかり)を信じてればこそ、ぶれずに強く生きることができるかもしれない。

かといって自分が信仰深くなりたいかって言われると、そうでもない。

なぜなら「面倒くさそう」が一番にくるから。

ええ、ダメ日本人代表です。

クリスチャンでもないのにアーメンとか言っちゃって、
なんだか申し訳なかったんですけど大丈夫だったんでしょうか。

あーでも終わってから何人かに「ナイスプレイ」とか褒められたから良かったのか。
つかそういう人間にお祈りさすなよ。適当だなボツ人。あはー。





ぐはっ!生きてた。

うっせー、こっち見んな、こっち来んな、チャイナじゃねー、
そこで停まんな、邪魔、どけ、アホか、運転下手すぎじゃ、
なんじゃそれ、早よ行けや、早よしろや、それ接客する態度じゃねーよ、
嘘つけ、偉そうにすんな、頭悪ぃーな、調子に乗んな、イキんな・・・

などなど(もれなく語尾に「バーカ」がつきます)。

9月に入ってから気温がグイグイあがってきてしまいまして、
鬼チャリンカーの僕としては、非常に辛くなったわけです。

毎日毎日、汗が全身に流れ、肌シャツ通り越してワイシャツまでびっしょり。

だんだん余裕がなくなり、
出先をまわってもグッタリして何もやる気おきないし、
そこいらの現地人に対し逐一イライラしていた。

なんなの?バカなの?

何事にもそう思ってしまう自己嫌悪からか、
他の隊員と話をしていてもまともに目を見れなくなってる自分に気付く。

そのうちチャリも慣れるかもと9月いっぱいがんばってみたものの、
慣れるどころかどんどん暑くなってどんどん辛くなってきたので、
こりゃあかんと思って今月からチャリをやめてみた。
お金ないけどこればっかりは仕方ない。コンビ(ミニバス)使う。

暑い中歩いたりしないといけなくて、
やっぱり汗だくにはなるんだけど鬼チャリよか全然平気。
徐々に体力は回復し、気持ちの余裕も出てきて、
何事にも「有難い」と思えるようになってきた。

9月には一切忘れていたこと。
自分ひとりで生きてきたわけではないということ。
家族、友達、好きな人、嫌いな人、
ボツ行きを応援してくれている人、反対してる人、
今まで会った人、会ったことない人、
そこにいる人、いない人、そこにあるもの、ないもの、
目に見えるもの、見えないもの、聞こえる音、聞こえない音、
想像できるもの、できないもの、よく分からんもの、
はてはご先祖様、地球、自然、生きとし生けるもの。
それら全てはどこかで繋がっていて、僕を生かしてくれている。

そんなことを思っちゃったもんだから、
こ憎たらしいボツ人にもなんだか優しくなれて、
前と同じように笑って話ができるようになってきた。

まわってる組合ではいつも「あなたの助けが必要だ」って言ってくれる。
久しぶりに行く聖歌隊でも「会いたかった」「いなくて寂しかった」って言ってくれる。
コンビの運転手は僕が降りるところを覚えていて、何も言わなくても停まってくれる。

なんだか有難いこってす。

うはーついにキタコレ!
えーえー、愛の伝道師と呼んでもらっていいんですよ?

つかさー、疲れたぐらいでイライラしてまわりにやつ当たりしちゃうあたり、
まだまだ人間できてないんだよなー。精進せねばよ。

活動も折り返し。あと1年楽しく過ごしてやるわいねー。

にんにん。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。