上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






最近乾燥しすぎ。
鼻の中にひび割れを見つけて我が目を疑う。
今欲しいものは静電気除去キーホルダーです。

7/19-21(土日と祝日が重なって4連休のうちの3日間)。
民族大移動の波に揉まれながらのバス。
実際ヒキコモリなのにキャンプ。
行き先は滝がある峡谷。天然の湧き水が出ているらしい。

近くの村人からも神聖なところだと考えられていて、
そのエリアに入るには村長みたいな人に許可を取らなければならない。
と聞いていたからドキドキして行ったのに、
村長に会うことも無く、なんのことはない入場料・キャンプ代を取られて終了。

一人5リットル以上の水+食料+テント+寝袋をかついでひたすら歩く。

テントはる所に荷物を置いて、いざ峡谷の中へ。
この国らしからぬ緑。小川のせせらぎ。
なんでここだけに水が湧くのか謎。
嘘っぽい本当のモレミ なんとかランドのアトラクションにありそうな嘘っぽい本当の道。
モレミの湧水 滝発見。
滝自体はあれ?小さいと思ったけど、水が溜まっている光景にしばしみとれた。
なにやら滝は全部で5箇所あるんだけど、
今は鷹の繁殖の時期だから第3の滝までしか行っちゃ行けないとか。

バオバブの木の下にテント。
飯ごうで米。ラーメン。缶詰カレー。

アウトドアと自分なんてまー笑っちゃうほど似合わないけど、
実は密かに楽しかったりしたのでしたー。
モレミの滝と私 第3の滝はっけーん。イヒッ。
スポンサーサイト





スターダスメモーリー忘れなーいーでいてー
どうも、ヒョンヒョンもしくはヒョンツー(HYON×2)です。

この国ってば、スイカの原産地らしいよ。

7/12(土曜日)。
20080712 ショションヒル再び なぜか6/21と同じ丘に登る。

体重計に乗っていたら「へー70kgもあるんだー」と女性隊員に言われてプチダメージ。
1ヶ月500gづつ減量し、帰国時にはシュシュっとした動きができるよう、
日々の努力を惜しまないことをここに宣言いたします。棒読み。





一度でも さぼるとあとあと めんどくさい(字余り)。
どうも、インチキ歌人ひー@ボツです。

7/5(土曜日)。
朝。ひとまず先輩隊員の任地へ向かうため一人でバスに乗る。
出発1時間後、突然バス故障につき乗客全員降ろされる。

20080705 全員ヒッチ決定 うわ、みんなヒッチハイクしだした!

この国では移動手段としてヒッチする現地人をよく見かける。
全て善意というわけではなく、
お金をバス代分ちゃんと払うから、むしろ小遣い稼ぎに乗せたがる人もいる。
それだけ安全な国なんだろう。
停まってくれーの合図に手をあげると、乗せてくれる人は停まるし、
無理な人でも無理だというジェスチャーをたいてい返してくれる。

20080705 アグレッシブさが足りない人。 え?でも俺一人でヒッチとかやったことないよ。

大きい通りだけど、交通量は少ない。
数少ない車をすぐに停めて、我先に乗り込もうと鬼ダッシュをみせる現地人。
ぼやっと小一時間手を上げていた僕は車をつかまえられず、
結局次のバスが走ってきたのでそれに乗せてもらったのでした。
アグレッシブさが足りないな。

予定より大幅に遅れて目的地到着。
夕方からこの国で唯一サイが見れる保護区に行く。
20080705 カーマライノのサイ。 一家団らんのところを邪魔してしまったらしい。
サイって白サイと黒サイがいて、
黒サイの方が希少でここにも2、3頭しかいないんだそうな。
んでこの日もやっぱり白サイしか見れなかったんだけど、
近くで見たら思ってたよりすげーでかくてビックらこいた。
思ってたよりっつーかカバとごっちゃになってた。
関連1:サイ - Wikipedia
「森の消防士」ってなんかかわいいけど、最高時速 50 km で走るとかすげー。
関連2:動物がトップスピードで100mを走った場合のタイム

他にも動物たくさん。
20080705 ワイルドビースト 「美女と野獣」の野獣の方。

7/6(日曜日)。
この先輩隊員の任地は初代大統領の出身地で、生家やらお墓やらがある。
20080706 カーマ初代大統領の銅像 銅像。

この国、1966年にイギリスから独立した時点では
極貧で何の産業もない国だったのに、
次の年いきなりダイヤが見つかってウハウハラッキー、
以降の20数年は平均成長率13数%をたたき出し、
現在アフリカの中じゃ超金持ち国家である。

うーん、そんなん独立の翌年に都合よくダイヤなんて見つかるか?
多分見つかってたけど隠してたとか、
すげーうまくイギリスと交渉したとか、
何かすげー有能な人だったんではないかと。

植民地時代にイギリスの大学で留学してたらしいんだけど、
そこには今のアフリカの政治家・有名人がわんさかいたそうな。
南アのマンデラとかジンバのムガベでさえも。
だから今でも実はみんな結構友達なのでは?という話もある。

セロウェヒル。 そしてここでもやっぱり丘に登る。

7/7(月曜日)。
一人で朝暗いうちからバスに乗り北上。
昼過ぎに目的地のロッジ(宿泊施設)に到着。
念願のザンビア同期隊員と合流、塩湖で一晩を過ごすツアーに出発。

この塩湖、面積が新潟県と同じくらいあるらしい(世界一)。
今は乾季で水が全部干上がっていて、
車とバギーを乗り継いで2時間ほど中心部へ。

道中の馬鹿でかいバオバブの木とミーアキャット。
20080707 バオバブ 20080707 ミーアキャット
20070707 バギーと夕日 バギーと夕日。
これが噂の360度地平線かー。
焚き火を囲んで夕飯。おいしいワイン。
偶然にもこの日は七夕。天の川もバッチリ。
同期隊員によるニセ南十字星講座。
テントなしでスペシャル寝袋ひとつで就寝。

何がすごいって音が何も聞こえないこと。風の音も何もない。
視界全て星。完全な無音。まるで宇宙にいるよう。

7/8(火曜日)。
朝日とネイビー、ピンク、ブルー。
20080708 紺 20080708 ピンク 20080708 ブルー

20080708 バギーと私。 調子に乗ってはしゃぐ人。


10時ロッジに帰還。
帰り、ザンビア隊用に手配していた貸切コンビが来ず。
ドライバーに電話をしたら「車が壊れた」(嘘っぽい)という言い訳。

代わりに手配した車も結局来なかったらしい。
大迷惑をかけたザンビア隊、ごーめーんー。
20080708 朝一ハイジャンプ ホップステップハイジャンプ!





例えば君が傷ついてー
どうも、エンジェルスハーモヒーです。
最初の4行をへこんでいる君へ。
関連:ベア速 音楽の授業で歌った名曲

すっかり忘れてた。
7/1(火曜)。
初代大統領の名前が付いた祝日。
前にも行ったことのある()首都から1時間の地方へ。
20080701 タマハヒル やっぱり丘に登ったった。
近所の子供たちが僕のことを覚えていてくれて、ちょっと嬉しかった。
深海魚みたいなオラティーレ。 こういう深海魚いるよね(左)。


映画。
死に花 - ザ・角川。なんとなく。
ステイ - ユアン・マクレガーと僕の共通項見つけた。顔がでかい。

ドラマ。
ハルとナツ
ブラジル移民のお話。
第一回で号泣した後、エンドロールで脚本が橋田大先生ということを知ってしまい、
第二回は一切なんともなかった。なんでかねー。
「この人がお婆ちゃん役やってたら2割り増しで涙腺が緩む女優」と言えば
僕の中で八千草薫がダントツだったんだけど、森光子もなかなかやりますね。
あと少女編のお姉ちゃん役もなかなかどうして(←何だこのコメント)。
関連:来週の「渡る世間は鬼ばかり」が大変なことに

本。
ワイルド・ソウル〈上〉〈下〉
先輩隊員がここ5年くらいで一番面白かったと言って貸してくれた小説。
偶然にもこれまたブラジル移民が題材になっていた。
 超悲惨なアマゾンの奥地に移住させられて死んでいった日本人。
 その2世が日本政府にケンカを売る、というお話。
外務省って昔から嫌な感じだったのね。
最後の方はあっけなくて物足りなさを感じたけど、
なるほどかなり面白く、僕にしては驚異的なスピードで読み終えた。
ジェシカの前身の団体もちょろっと出てくるよ。

青空バレーがやっぱり楽しい。
青空バレー会場。 ネットのポールは木の杭だし、ラインも適当に書いてある。
それでも暗くてボール見えなくなるまでニヤニヤしっぱなし。





旅から帰ってきた。

アクシデントがあってせっかく来てくれた友達に悪いことしてしまったなぁ。
もっとうまくナビできたはず。申し訳ないす。

詳しくはまた明日。嘘。また今度。
陽気なサングラス。 陽気なサングラスを購入してしまうほどうかれている人。





おはようさん。

旅支度。 今から3泊4日の旅に出ます。

旅支度の朝。 部屋から見える朝日。

今月はいっぱい更新するんだゾ!棒読み。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。