上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






「大丈夫ですか?」の問いかけに、
「大丈夫じゃない」と答えるという選択肢が僕の中にはない。
この前大丈夫じゃないと返答され、
心配してたはずなのに「何だこの人?」と若干眉間にしわをよせてしまった。
そうだよねー、大丈夫じゃないんだからそう答えても別に悪くはないわなー。
でも俺は言わないな。
言葉を発することができるうちは間違いなく「大丈夫」って言うと思う。
大丈夫じゃないときは喋れないほど弱ってるから何も言わない。
えーえーどーもどーも、あまのじゃくです。

4/5(土曜日)。
いつも行ってる組合の若者に誘われ、彼が住む村へ。バスで1時間くらい。
近くのバーでパーティがあって、いとこがDJとして出る、とのこと。
ピラニ・プールパーティ看板 ピラニ・プール なんとプールが。
この水のない内陸の国でプール。でもやっぱり誰一人ちゃんと泳げてなかった。
ピラニ・プールパーティ ピラニ・DJ この中の誰かがいとこだそうな。
ピラニ・モケーツィと。 変なめがねでかっこつけてた若者と。

4/6(日曜日)。
この前来た新隊員が僕と同じホームステイ先にお世話になっているらしく、
一緒にキャトルポスト(牛とか育ててるところ)。
ボツでは牛とか普通の人でも飼っていて、週末だけ見に行ったりする人も多い。
結婚するには10頭くらい花嫁の実家にあげないといけないらしいよ。
マレパ家のキャトルポスト ステイ先の娘といとこ。自分の顔のでかさが目に付く。
ウシと陽気なマレパ 牛と陽気な娘。そういえば家が停電になったときも陽気だった
農作物と陽気なマレパ 農作物と陽気な娘。お母さん。
マレパのいとこ・清太にいちゃん お父さんと野菜泥棒みたいないとこ。せ、清太兄ちゃん ?

4/12(土曜日)。
新隊員歓迎会。
ゲストの超有名新聞の記者に会う(マレーシア人)。
ひとつの国に2、3週間いて取材をし(ボツでは地下資源の取材をしたと)、
所属のスペイン支社に戻り、数日したらまた次の国へ・・・、という生活をしているらしい。
男前すぎてビビッた。
世界中でどこの女性がきれいなのか聞いたら(くだらないことばっか聞いてた)、
50数カ国しか行ったことないけど、スペインとイランは超美人だよ、と。
イランは黒装束まとっていて目しか見れないけど、その瞳が吸い込まれそうなほど美しいんだと。
僕の中の行きたい国リストの中にイラン追加。

4/13(日曜日)。
他の隊員を誘って近くの丘へ登る。僕が前にリベンジした丘
カーリーヒル頂上・東京までの距離 東京まで13648kmらしいよ。ホントかどうか知らんけど。
カーリーヒル頂上からハボロネダム 遠くに見えるのはハボロネダム。

丘から降りた後聖歌隊の練習へ。
あまりに疲れた様子だったのか、
現地人に「どうしたんだお前、今日はバッドムードだな」と心配される。
へーこっちの人でもそういうの気付くんだー、となんだか感心した。

4/19・20(土・日)。
体力回復のためお休み。武田徹夜でスパイダソリティアにはまる。

4/26(日曜日)。
噂のハボロネダムへ。
ダムなんて日本でも行ったことないし、
久々に視界一面水、という海にも似たところに行ったので、ややテンションがあゲッツ。
ハボロネダム2 ハボロネダム

うはー、毎週楽しいねー。
スポンサーサイト





エニウェイユウォン(ッヘーイ)エニタイムユニー(ッヘーイ)。
どーも、TRFぃーです。

僕は、毎年何かひとつ新しいことを始めようと思っていて。
社会人になってから、地味に習い事だったり株だったりバレーだったりアフリカ行きだったり、
そのとき楽しそうだと思ったことをおもむろに始めてきた。

4月から新年度、そりゃボツでも俄然はりきってやっちゃいますよ。
最初はボツっぽいトラディショナルダンスがやりたかったんだけど、
教えてくれるところなどないらしく断念。
現地人は誰に教わらなくても子供の時から踊れるんだそうな。

仕方ないので今年は第二候補の「ゴスペル」に決定。
英語で歌歌えるようになったらかっこいいじゃーん。ヘーイ。みたいな。

4/2(水曜日)。
仕事帰り、前にホームステイのお母さんと一緒に来たことがある教会へ。
とりあえずそこに聖歌隊があるのかどうか、いつが練習日なんだか、
まして向こうからしたら中国人の僕が入れるのかどうか、
とりあえず様子見で確認できればいいやーとアポ無しで行ったのに、
あれよあれよという間にその日から練習開始。超ウェルカム。

まー楽譜もないし、歌ってることも分からんから(現地語と英語、両方の歌がある)、
フンフンフーンと後追いで歌っていたら、
どこにでも優しい人っているもので、
同い年ぐらいの青年が歌詞を説明して一緒に歌ってくれた。

まぁ意味不明だったんだけど。

年齢層は20~50、おばちゃんが多い。指揮者兼指導者は30くらいの兄ちゃん。
みんなすげー歌うまいのね。指揮者の兄ちゃん全パート歌えるし。
そしてみんな自由で楽しそう。
自由すぎて一曲歌ったらゴローンと仰向けで寝たり(優しい青年)、
歌ってる途中にも鼻ほじったりちんこ触ったり(優しい青年)。

あとは歌いながら踊ったりもする。
エニウェイユウォンTRFみたいなのとか、
紅茶のおいしい喫茶店柏原芳恵みたいなのとか、
ウーイェイイェイ(スマイルの右)みたいなのとか。

あれからひと月・火曜・木曜・日曜の若者の聖歌隊の練習に参加するようになった。
こっちの年齢層は20代、男女半々、30人弱くらいかなー。
リズム感良すぎて踊りについていけないことも多いけど、今のところだいぶ楽しいです。

つーか考えてみたら人生80年として、
年イチで新しいこと初めたとしてもあと50個くらいしか始められんよ。
うはー、迷ってる時間なんて全然ない。
やらずに後悔するくらいならやって後悔したほうがいいと思う。ほんとの話。





4月はサッカーをよく見に行った。

4/1(火曜日)。
大統領就任記念、サッカー親善試合ボツ対ブラジル。
噂じゃブラジルは5軍。有名どころは一切来ず。
チケットにもちゃんと「ブラジリアセレクト」って書いてあって笑った。
あいにく夕方から雨が降ったんだけど、
シニアの同僚の人にチケットを頼み込んで何とかとってもらって見に行ったさね。
 ボツワナvsブラジリアセレクト。 結果は0-1で惜しくもボツ敗退。
まー数字上は惜しいんだけど、なんとなく遊ばれてた気がしなくもない。
あ、一応フォローするけど、
選手の気持ちがグラウンドに降りていなかったU-22日本には勝ったことあるみたいよ

4/11(金曜日)。
国内リーグ、ハボロネユナイテッド(首都ハボロネのチーム)対ノットワン(どこのチームか知らない)。
ハボロネ何とかってマンチェスター何とかのパクリよね多分。
ブラジル選の時に一緒に行ったシニアの人の同僚に急に誘われ、ワシャワシャ見に行く。
応戦するのはもちろんホームチームハボロネユナイテッド。
 観客少ねー。 観客少なっ。
 ハボロネユナイテッドvsノットワン 結果は2-2のドロー。

4/24(木曜日)。
親善試合、ボツ対南ア。
 ボツワナ対南ア 結果は2-1で見事勝利。それにしても客まばら。

月3で競技場に行くとは、なんかだいぶサッカー好きっぽいな。
でもあんまりサッカー詳しくないっつか、
誰一人選手の名前知らなくて、誰がうまいんだかもわかんないから、
これから徐々に覚えていきたいと思う所存です。





ザーボンさんとドドリアさんを思い出したいんだけど、
かっこいい方がザーボンさんだっけね?


4/1(火曜日)。
大統領交代の日。
朝職場に着くなり、みんなで「大統領見に行くぞ」と連れ出される。
配属先オフィスから歩いて10分程、行った先は官庁街の中心にある国会議事堂。
ここに新大統領が初登庁(っていうの?)するのを待ち伏せする作戦。

はい、この国の大統領についての調査結果(全て人聞きなので怪しいけど)。
1966年の独立以降、この新しい大統領で4人目。実は初代大統領の息子。軍人。
大統領が引退する場合、副大統領が繰り上がって大統領になることが憲法で定められている。
まーピースフルって言えば聞こえはいいけど、民意はいつ反映させるんだよって思って聞いたら、
国会議員かなんかの総選挙が来年あるらしい。へーほー。
その時に1年でも大統領やってれば当選に有利だからという理由で
前の大統領が1年任期を残して新しい大統領に譲ったらしい。


国会議事堂前にはすごい数の野次馬で、この国にこんなに人がいたんだーと思うほどだった。
木に登ってボキっと折ってドスンと落ちる、というギャグリーな人まで目撃。
その瞬間そこに居合わせたことに感謝。大統領を待つ間に若干テンションが上がる。

でもあんまり人が多すぎて遠くからしか見れないから、もう帰ろうという話になり、
トボトボ帰り道を歩いていたら、1ブロック先の建物から馬が出てきた。
はい?馬?と思ったら、すごい歓声があがり、
 新しい大統領。 大統領の車がお目見え。
おーちょうど良かったラッキーと思いつつぼんやり通り過ぎるのを待つ。

そしたらよー、なんとビックリしたことに、
その後ろから中国の公用車がついてくるわけよ!ちゃんと車に国旗付けてさ。
しかも何カ国かいるもんだと思ったら中国だけ。

・・・どんだけアフリカに金バラ撒いてるんだよ中国は。
そしてまんまと中国よりに動いていくアフリカ各国もどうなんだよー。
つかこの国なんで中国だけ呼ぶ?もっと他にも呼んでいいと思うけど。南アとか。

アフリカに半端なく投資するのは政治的思惑がからんでいるっぽいことは知っていたから、
なんだか中国が恐くなった。効果的面じゃん。

その後も、ボツ大学に中国語コースが開講されたり、
中国をビジネス面で優遇する政策ができたり(多分そんな感じのことが新聞に書いてあった)。
なんかすげーよチャイナ。

各国で楽しいことになっている聖火リレー関連ニュース。
タンザニアの聖火リレー、混乱なく終了…マータイさんは辞退
>中国はタンザニアに多額の開発支援を行っており、両国政府の関係は密接。
>点火式ではアリ・モハメド・シェイン副大統領が
>「タンザニアは無条件に北京五輪を支持する」と宣言した。
無条件て。

江頭2:50がフリーチベットしてるんだけど
何この勇者。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 ヒノボツ☆アレ日誌, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。